Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

本とか音楽とか映画とかの記録
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
グアテマラの弟
評価:
片桐 はいり
幻冬舎
¥ 1,470
「私のマトカ」に引き続き、読んでみました。
今回もとっても面白く、そして色々考えさせられるエッセイでした。

片桐はいりさんが、グアテマラに移住した弟さんを訪ねていき、そこで出会った人々や訪れた遺跡や街並みが、おもしろおかしく描かれています。まるではいりさんと一緒に歩いているみたいに伝わってきました。

南米というと、あくまで私のイメージですが、アバウトで観光客に対してちょっとずる賢いといったイメージでした。はっきりいってあまりプラスなイメージではなかったのですが。
確かにグアテマラはホントにアバウトな国らしく、どこが正確な時刻を表しているかわからないほど、時計の針がどこもかしこもバラバラだったり、人と人とのつながりも、すごくオープンで弟さんの営む語学教室へはよその家の子がなぜか食卓についていたりするなど、日本では考えられない光景が盛りだくさんでした。
でも、そんな様々な違いがが悪いこととはとても思えないなぁとつくづく考えさせられました。とにかく、このエッセイに出てくるグアテマラの人たちが、明るくポジティブ、そしてとても温かい。
時間に几帳面なのは日本人の美徳かもしれないけど、プライバシーが守られすぎて、隣にすんでいる人がどんな人か知らないなんて、きっとグアテマラの人から見たら、「日本人は寂しい」と思われるんだろうなぁ、なんて思いました。

はいりさんの弟さんの奥さんはグアテマラの方で、弟さん家族が初めて来日した際の、エピソードなどはホントに面白かったです。食べ物が国を越えて絆を深めるなんて、とてもステキだなぁと思いました。

はいりさんは、家族の絆は深いほうではなかった、と書かれていますが、最終章を読むと
「あぁ、家族って不思議でとっても良いもんだ!」と思いました。
私も両親が生きてるうちに、もっと話をしないとなぁ。。。

「甘苦い人生もポコアポコ」 
これを読んだら南米のイメージがすっごいプラスに変わりました。
| bool(エッセイ) | comments(0) |
おんなのるつぼ (新潮文庫 (む-8-20))
またまた群ようこさんのエッセイを読みましたぁ。
「おんなのるつぼ」。。。群さんが遭遇した様々な女性の驚愕の言動をバッサリ切り捨てるスカっとする内容でした。例えば、電車の中で化粧をする女性、パジャマで外を平気で歩く女性、電車の中で股をおっぴろげて爆睡する女性などなど。。。普段、私も気になっている、そしておそらく多数の方々も気になっているであろう事柄をまぁ見事にぶった切ってくれています。注意できないけど、どうにもスッキリしない気分が軽くなったように思います。。ただ、ただ、、ちょっぴりだけひねくれた見方じゃないかしら?と思われるところも。。。なので、★は3つとしました。
*******************************************************************************
最近ずーっとエッセイばかりを読んでいたので、久しぶりに小説を購入。
ジュンパ・ラヒリ 「停電の夜に」と森見登美彦 「太陽の塔」の2冊。
読書の秋のお供にしようと思います嬉しい
あ〜、おうちでまったり読書がしたいなぁ。
| bool(エッセイ) | comments(0) |
なにもかも二倍 (新潮文庫 よ 18-20 yoshimotobanana.com 20)
yoshimotobanana.comのエッセイは全部制覇しているくらい、ばななさんが大好き。今回の「なにもかも二倍」もやっぱり相変わらず良かった♪有名作家さんならではの苦労や子育て、周りの人たちのこと、それらを通じてばななさんが感じた率直な意見
が綴られているので単純に面白い話もあるし、肝に銘じないと!と思う言葉も沢山あって読まずにいられない。ばななさんとちびら君とのやりとりにはホントにあったかい気持ちにさせてもらえて、やっぱり子供欲しいかも!
「妬みよりは憧れがあるほうが、人は頑張れる」という言葉が印象に残った。
人のあらさがしよりステキなところに目をむけていた方が自分にもプラスになるし、やっぱりそういうとこって顔に出る!美人にはなれないけど、そういうことを心掛けてれば、かわいいおばあさんになれるかなぁ。
| bool(エッセイ) | comments(0) |
わたしのマトカ
評価:
片桐 はいり
幻冬舎
¥ 1,470
こちらも先の「私は最高にツイている」と一緒にバリ旅行のお供に持って行きました。
やっぱり「かもめ食堂」があまりにも好きすぎて、かもめ食堂の撮影秘話なども知りたいと思って購入。希望通り撮影秘話も書かれていましたが、撮影後のファームステイのお話や、1ヵ月間のフィンランド暮らし、その他の海外旅行での出来事など盛り沢山でした。
これが初エッセイとのことですが、とても信じられないくらい引き込まれてしまいました。本当にアっと言う間に了読。どのお話も大好きですが、特に「カンボジアの朝日。フィンランドの夕暮れ。」にちょっぴり涙。別に悲しいわけでもないのに、なぜか胸が熱くなってしまいました。思わず噴き出してしまうくらい面白いお話もあり、グっとくるお話もあり、大袈裟なようですがこのエッセイに出会えて幸せに思いました。
| bool(エッセイ) | comments(11) |
ワタシは最高にツイている
先日「何もしない」をするためにバリに行ってきました。
いつもは仕事と家事と犬の世話に追われて大好きな読書は就寝前の数分だけだったので、飽きるくらい読んでやろうと思って持って行ったのがコチラ、小林聡美さんの“ワタシは最高にツイている” 34のエッセイ全部が面白かった!読んでいて「私も頑張ろう!」とかいう感じじゃないですが(^^;ユルユル感がたまらなくて持って行って良かったぁ〜と思いました。特にお気に入りは「飼育係の苦悩」小林さんが飼われているアメリカンショートヘアのおとっつぁんの話は抱腹絶倒でした。タイトルも中身も装丁もスバラシイ!
| bool(エッセイ) | comments(0) |
ニューヨークのとけない魔法 (文春文庫 お 41-1)
読売新聞社の米現地紙記者を経てエッセイストに転身された岡田光世さんのエッセイ。
岡田さんがニューヨーク生活の中で出会ったたくさんの人々や出来事がぎっしり詰め込まれていました。第1章〜6章、各章に約20前後の短いエピソードという構成でした。
中には「日本じゃ考えられない!」と思うような出来事も沢山ありました。例えば、おせんべいをあげてもアメリカ人の友人は口にあわないと言って目の前でハトのエサとして投げ飛ばしちゃったり、とか。うんざりするようなことも書いてありましたが、そんな些細なことを忘れさせてくれるようなあったかいエピソードがた〜くさんありました。
なにしろ登場人物が魅力的!普通の人たちの日常の会話や行動がさりげなくて素晴らしいのです。とにかく読んでみて!の一言です。
また、ひとつひとつのエピソードに一言英会話が載っているので、英語を勉強しようと思っていた私にはうってつけでした。(年中、勉強すると言いつつ思ってるだけで実行してませんが↓)東京もニューヨークも大都会なのに、東京のような冷たさはないように感じました。特に電車の中で読んでいたので尚更そう思ったんだと思います。というのも、最近の電車内での光景に心底うんざりしているので。。。地下鉄やカフェで隣に座った人など偶然居合わせた人と会話をかわすなんて東京じゃなかなかないし、そういうところから人を思いやることを知ることができるんだろうなぁと感じました。
第6章の「ボンボヤージュ」という話にこんなことが書いてありました。
“ニューヨークは、人もレストランも入れ替わりが激しい。中略 だからこそ、ひとつひとつの出会いを大切にしたいと、ニューヨークは思わせる”
同じ都会なのに、なんだかニューヨークの方が魅力的に感じてしまいました。
この本を読むご予定のある方にお願いというかアドバイスですが、あとがきまで読んでほしいです。もうホントにホントに最後までステキなので是非!
また「ニューヨークの魔法はつづく」という続編も出ているので次回はこれを読もうと思っています。
それからそれから、表紙もとっても気に入っています☆
**********************************************************************
追記:このブログを始めたきっかけは、良いお話や良い言葉を記録するためでした。
   このエッセイの中で覚えておきたい言葉を記録します。
☆Just for a change. いつもと気分を変えて。
☆英語がうまく話せなくても、心が柔軟であることが何よりも世界を広げてくれる。
| bool(エッセイ) | comments(0) |
<新装版>片想いさん
Suicaでおなじみのペンギンのキャラクターの作者でもある“さかざきちはる”さんのエッセイ。人付き合いが苦手で男性にも奥手。でも、長年片想いをしてきたというさかざきさんの赤裸々な告白本のようなエッセイ。赤裸々とか書いちゃうと「まぁ!過激」とかそういうイメージがありますが、まったくそんなことはなく、胸がチクチクするようなほろ苦い想いがいっぱい詰まったエッセイです。アルファベットになぞらえてA〜Zまでの項目に分かれています。さかざきさんの好きな食べ物のレシピ(難しいレシピというよりは、こうやってお茶淹れるのもいいかも!とかそんな感じです←大雑把ですが)や、子供の頃読んだ小説など、本好きの人には読書の案内にもなるかと思います。度々思い出しては何度も読んでいます。ほろ苦いのになぜかホッとするステキなエッセイですさくらんぼ
| bool(エッセイ) | comments(0) |
鞄に本だけつめこんで (新潮文庫)
こちらは「かもめ食堂」原作者の群ようこさんのエッセイ。
子供のころから本好きだったということで、彼女のオススメの小説が
紹介されています。その本を読んだ当時の思い出が面白くて、紹介されている本云々よりも、彼女の生い立ちなどの方が記憶に残ってしまいましたたらーっ通勤時に読んでいたら薄ら笑いを浮かべていたようで恥ずかしい思いをしたくらい夢中で読んでしまいました。彼女のエッセイは初めて読んだので、他のエッセイも読みたい!!!と思いました。とにかく面白い!
| bool(エッセイ) | comments(0) |
生きていることを楽しんで―ターシャ・テューダーの言葉 特別編 (ターシャ・テューダーの言葉 (特別編))
先日、母が教えてくれたターシャ・テューダーさんの言葉集。
アメリカのバーモント州の広大な土地に1人暮らし。
キレイな庭を手入れし自給自足をしているライフスタイルが反響を呼んだ絵本作家さんです。
短い言葉と彼女の庭の写真やイラストで構成された本です。
写真もキレイだし、何より彼女の言葉の素晴らしさに感動!
全てが格言のような、でも大らかな人柄が滲み出ている感じがしました。
毎日あくせくして余裕がなくなった時に、サっとこの本を開いたら前向きになれること請け合いだと思います。
この他にあと3冊「ターシャ・テューダーの言葉」シリーズがあるので、全部読んでみたいと思いました。
| bool(エッセイ) | comments(0) |
| 1/1 |
Material by Night on the Planet
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.