Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

本とか音楽とか映画とかの記録
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
停電の夜に (新潮文庫)
評価:
ジュンパ ラヒリ
新潮社
¥ 620
しばらくブログ更新さぼりました。。。
更新していない間も本は読み続けていたので、ドドドーっと更新してやろうと思います。

停電の夜に  ジュンパ・ラヒリ
海外の作品を読みたいけど、長編は投げだしちゃうかも。。。と思い短編のこちらを買ってみました。
9つの短編小説のどれもがインド人やベンガル人のお話で、半分以上のお話がアメリカ在住のインド系住民の話でした。アメリカの人種問題などに疎い私には、少しわかりにくかったように思います。単純に読解力に問題があるだけかも知れませんが。。。
切ない話というより、ひたすら苦いイメージとでも言うのでしょうか。そうなって欲しくないなぁと思ったらことがそのまま結末になっちゃう感じで、小説に夢を求める私にはちょっと現実的過ぎてしまいました。。うぅん、私のボキャブラリーの少なさではうまく表現出来ませんが。
それでも、この話は好きだなぁと思ったのは、「セクシー」と「三度目で最後の大陸」
この短編集の中でも読みやすく分かりやすかったです。
「セクシー」は不倫の恋に悩む女性のお話。「三度目で〜」はアメリカへ移り住むインド人の新婚夫婦のお話でした。
今の私には少し難しかったけど、何年かしてもう一度読んだらまた感じ方が変わるかも知れないので、手放さずに取っておいても良いかも、と思いました。
| book(小説) | comments(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









<< NEW | TOP | OLD>>
Material by Night on the Planet
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.